LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

CATEGORY is ホームページ制作

WordPressをまるごと移行する方法

こんにちは、後藤です。

ホームページを製作するとき、まずはテストサイトで作っていくことが多いと思います。

テストサイトで一通り作り終わってから、本番サイトに移行しますよね。

いざ本番サイトに移行するときに、WordPressを使わなかった場合はデータをまるごとコピーすればそれで済みましたが、WordPressの場合はデータをまるごとコピーしただけではうまくいかないんですね。

WordPressの場合は、データベースも正しく書き換えて移行する必要があります。

今回は、WordPressを完全に移行する方法を紹介します。

 

移行元の作業

移行元の作業は2つになります。

 

  1. データをすべてバックアップ
  2. データベースをエクスポート

 

データをすべてバックアップ

移行元のサーバーからWordPressのデータをすべてバックアップしてきます。

デスクトップなど、分かりやすい場所に落としておきましょう。

 

データベースをエクスポート

移行元のサーバーでphpMyAdminにログインし、データベースをエクスポートしてきます。

ログイン情報は、バックアップしてきたデータの中のwp-config.phpで確認できます。

phpMyAdminにログインしたら、WordPressのデータベースをすべて選択します。

次にエクスポートを選択し、エクスポート方法を詳細に変更します。

追加コマンドの「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGER コマンドを追加する」にチェックを入れます。

実行ボタンを押します。

SQLデータがダウンロードされます。分かりやすい場所に保存しましょう。

 

移行先の作業

移行先の作業は5つになります。

 

  1. MySQLデータベース・ユーザーを新規作成、登録
  2. SQLデータをインポート
  3. バックアップデータをアップロード
  4. wp-config.phpの書き換え
  5. 「Search-Replace-DB-master」でデータベースを更新

 

MySQLデータベース・ユーザーを新規作成、登録

移行先のサーバーで、MySQLのデータベースとユーザーを新規作成します。

新規作成したユーザーとデータベースを紐づけます。

 

SQLデータをインポート

新規作成したユーザーで、phpMyAdminにログインします。

新規作成したデータベースを選択します。

インポートを選択します。

エクスポートしたSQLファイルを選択してインポートします。

 

バックアップデータをアップロード

バックアップしていたWordPressデータを移行先のサーバーへアップロードします。

 

wp-config.phpの書き換え

アップロードした中のwp-config.phpの一部を書き換えます。

以下の項目を移行先の情報へ書き換えます。

・WordPress のためのデータベース名(新規作成したデータベース名)

・MySQL データベースのユーザー名(新規作成したユーザー名)

・MySQL データベースのパスワード(新規作成したユーザーのパスワード)

・MySQL のホスト名

 

「Search-Replace-DB-master」でデータベースを更新

 

今までの段階でWordPressデータをコピーしたり、SQLデータをインポートしたり、wp-config.phpを書き換えたりしてきましたが、これだけだとまだ完全に移行できてないんです。

トップページは開けますが、それ以外のページは開けません。

データベースのURL情報が移行前のままになっているからですね。

「Search-Replace-DB-master」で移行後のURL情報へ更新していきます。

まずは「Search-Replace-DB-master」をダウンロードしてきます。

製作者のサイトへアクセスし、Download Search Replace DBのところでチェックボックスをチェックし、必要情報を記入し、送られてきたメールからダウンロードします。

ダウンロードしてきたファイルを解凍し、WordPressフォルダ直下(wp-config.phpと並列)へアップロードします。

ブラウザから「新しいサイトのURL/Search-Replace-DB-master」へアクセスします。

 

 

このようなメニューが表示されます。

replaceに旧サイトのURLwithに新サイトのURLを記述します。

URLを記述する際は、最後に/を付けないように気をつけましょう。

「dry run」ボタンでデータベースの書き換えのテストができます。

「live run」ボタンでデータベースの書き換えを実行します。

最後に、「delete me」ボタンで「Search-Replace-DB-master」をサーバーから削除します。

削除しないと外部からデータベースの書き換えが可能なままになってしまっているため、セキュリティリスクが残ります。

これで、WordPressの移行作業は完了です。

 

終わりに

今回は、WordPressの移行作業について解説しました。

WordPressはデータベースが絡んでくるので、移行がちょっとややこしいですね。

「Search-Replace-DB-master」を使用する際には、URLの最後に/を付けないようにすることと、「delete me」ボタンで「Search-Replace-DB-master」をサーバーから削除することは忘れないようにしましょう。

この記事を書いた人

後藤

2017年入社です。
コーディングと、メディアサイトの企画・運営、SNS運用を担当しています。
コーディングに関してはまだまだ実力不足なので、早く会社の戦力になれるように日々精進しています。