LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

CATEGORY is ホームページ制作

【投稿の主要な項目を紹介】WordPress Ver.5(バージョン5)投稿マニュアル

ワードプレスVer.5の投稿について

WordPress5から投稿機能が一新されましたので、備忘録の意味も含め、投稿の仕方をブログで紹介します。

WordPress5では、見出しブロック、文章ブロック、画像ブロックなど、ブロックを組み合わせて投稿していきます。

 

投稿画面

  1. (1)「タイトルを追加」部分にタイトルを入力します。
  2. (2)「文章を入力、または/でブロックを選択」部分に投稿の内容を記述していきます。
    「+」ボタンで新規ブロックを追加できます。
    左に出てくる矢印やドラッグ&ドロップで順序を入れ替えることができます。
  3. (3)「カテゴリー」部分で投稿のカテゴリーを選択できます。
  4. (4)「アイキャッチ画像」部分で投稿の上部や投稿一覧に表示される画像を選択できます。
  5. (5)「下書きとして保存」で下書きとして保存できます。
  6. (6)「プレビュー」で投稿前にサイト上での表示を確認できます。
  7. (7)「今すぐ」部分で投稿日時を変更できます。
  8. (8)「公開する」で投稿を公開します。

 

ブロックの種類

通常は「基本ブロック」内のブロックのみの使用で問題ありません。

 

段落

通常のテキストを入力する場合に使用します。

 

見出し

見出しを入力する場合に使用します。

H2:大見出し

H3:中見出し

H4:小見出し

 

画像

画像を追加する際に使用します。

 

リスト

箇条書きリストや順序付きリストを利用する際に使用します。

 

引用

文章を引用する際に使用します。

「引用元を入力…」欄に引用元を記述します。

 

ギャラリー

画像をギャラリー表示する際に使用します。

選択した画像は横並びで表示されます。

 

音声

投稿上で音声を再生する際に使用します。

 

カバー

背景画像上にテキストを入力する際に使用します。

改行も可能です。

 

ファイル

投稿上でPDFファイルなどをダウンロードする場合に使用します。

 

動画

投稿上で動画ファイルを再生する場合に使用します。

YouTubeなどの外部サービスを再生する場合は、後述する「埋め込み」を利用します。

 

埋め込み

投稿上に外部サービスを埋め込む際に使用します。

該当するサービスを選択し、埋め込むURLを入力することで投稿に埋め込むことが可能です。

 

まとめ

今回はWordPress5から一新された投稿機能について解説しました。

ブロック単位で扱うことにより、順序の入れ替えなど直感的に操作できるようになりましたね。

また、埋め込み機能が追加されたことで、YouTubeやSNSなどの外部サービスを手軽に埋め込むことが可能になりました。

投稿機能を使いこなして、読者が見やすいページを投稿していきましょう。

この記事を書いた人