LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

LINKSTORY LIBRARY(リンクストーリーライブラリー)

CATEGORY is ホームページ制作

【中身が重要】ホームページの見直しの重要性

【中身が重要】ホームページの見直しの重要性

ホームページのリニューアルについてのご相談をいただくことも多いのですが、
内容はそのままで、デザインだけ変えて欲しいということを言われます。

 

もちろん内容がそのままでも問題はない場合もあります。
質問しながら掘り下げていくと、ただ単にデザインだけ新しいものにしても、内容が現在にそぐわないため、実際のコンテンツを見直した方がいいという提案することが多いです。

 

 

ホームページの掲載内容は今現在も一緒か

ホームページをだいぶ前に作った場合、情報が古いままなんていうことはないでしょうか?
料金やスタッフページなどは気がつきやすいですが、サービスページなどはそのままだったりすることもあると思います。
私たちの業界でいうと、スピードが特に早いので同じホームページ制作とは言っても、
構築の仕方はどんどん変わっています。
現在のサービスや、掲載されている情報がずれていないか確認してみましょう。

ブログページの情報は正しいか

多くのホームページではブログが更新しやすいCMS(Wordpressなど)が入っていると思います。
とくに、一生懸命書いていただいてるお客様ほど、たくさん記事があって過去の記事はそのままになっていることも多いかと思います。
必要のない情報は削除したり、一部更新したりして見直してみましょう。

デザインは新しい方がいいのか

もちろんデザインは新しい方がいいとは思いますが、最新のデザインであればいいというわけではありません。
デザインよりも見やすかったり、雰囲気がマッチしている方がいいかもしれません。
ただし、やはりどうしてもデザインを調整した方がいい場合もあります。

新しくした方がいい場合

・スマートフォンに対応していない
・既存のホームページを調整するよりも、作り直した方がコストも時間も抑えられる場合
・お客様のニーズからずれてきてしまっている場合
上記のような場合は見直ししてみるといいかもしれません。

終わりに

ホームページの更新や見直しはめんどくさいかもしれません
ですが、定期的に更新することはSEO対策に有効なだけではありません。
その時代に合ったものに作りかえ育てていくことで、お客様の集客にもつながります。

もし、気になったホームページが数年前で更新が止まっていたらどう感じるでしょうか?
このお店はまだやっているのかな?
ここの会社は運営は大丈夫なのだろうか?

不安な気持ちになる方がほとんどだと思います。

ホームページは作って終わりではありません。ホームページも一緒に育てていきましょう。

この記事を書いた人

宮下
株式会社LinkStory代表取締役。 Production one sec. ディレクター。 起業に関するブログも書いていきます。